2015年01月08日

ソルトンペッパーfeat.アンヴォーグ/Whatta Man

木曜日はスローバック・サーズデイ(Throwback Thursday)ってことで、昔を振り返ってみます。

ソルトンペッパー、フィーメールラッパーのパイオニア。
今見るとファッションとかすごく時代を感じさせます。
ブカブカのアウター。
ジェルで不自然に固めた髪。
濃い色の口紅。
私もやってたなぁ・・。
当時はそれがイケてると思ってたんですよね。あー恥ずかしい。
リリックも、当時はほとんど意味もわからず想像で聴いてました。
今はネットで全部読めるから、いい時代になりましたね。

Whatta ManはEn Vogueをフィーチャしてグラミー候補にもなった代表曲。
En Vogueもフィーメール・グループの先駆け的存在ですよね。

Whatta man, whatta man, whatta man, whatta mighty good man
Whatta man, whatta man, whatta man, whatta mighty good man
Whatta man, whatta man, whatta man, whatta mighty good man
Whatta man, whatta man, whatta man, whatta mighty good man
I wanna take a minute or two and give much respect to
To the man that's made a difference in my world
And although most men are hoes, he goes on the down low
'Cuz I never heard about him with another girl
But I don't sweat it because it's just pathetic to let it
"Get me involved in that", he said, she said, "Crowd"
I know that ain't nobody perfect
I give props to those who deserve it
And believe me ya'll he's worth it
So here's to the future 'cuz we got through the past
I finally found somebody who can make me laugh
You so crazy, I think I wanna have yo baby

何て男、何てすごくいい男
少しお時間をいただいて、男性に敬意を表したいわ
私の世界ですごく重要な男
ほとんどの男がクズで、コソコソしてるってのに
だって彼ったら女の影も見えないし
でも平気よ、だってはまっちゃったらみっともないし
色んな意見があるわよね、ちょっと失礼
完璧な人なんていない
それに値する人はリスペクトするわ
信じてよ、彼はその価値があるの
未来がある、過去は乗り越えたもの
私を笑わせてくれる人についに出会えたの
あんたって本当にいかれてる、あんたの子供がほしいわ

My man is smooth like Barry and his voice got bass
A body like Arnold with a Denzel face, he's smart like a doctor
With a real good rep and when he comes home, he's relaxed with pep
He always got a gift for me, everytime I see him
A lot of snot nose, ex-flames couldn't be him
He never ran a corny line once to me yet, so I give him stuff
That he'll never forget, he keeps me on cloud 9 just like intended
He's not a fake wannabe, tryin' to be a pimp
He dresses like a Dapper Don, but even in jeans
He's a God sent original, the man of my dreams
Yes, my man says he loves me, never says he loves me not
Not to rush me good and touch me in the right spot
See other guys that I've had, they've tried to play all the mac
But everytime they tried, I've said, "That's not it"
But not this man, he's got the right potion
Baby rub it down and make it smooth like lotion
He's the original highway to heaven
From seven to seven he's got me open like seven eleven
And yes, it's me that he's always choosin', with him I'm never loosin'
And he knows that my name is not Susan
He always has heavy conversation for the mind
Which means a lot to me 'cuz good men are hard to find

彼はバリー(ホワイト)みたいな滑らかなで低い声
アーノルド(シュワルツェネッガー)の体にデンゼル(ワシントン)の顔
医者みたく賢くて、評判もよくて家に帰ると私とくつろぐ
会う時はいつもプレゼントを持ってくる
こぶつきじゃし、たちの悪い元カノもなし
とってもいい気持ちにさせてくれる、まるで意図したように
嘘っぱちのコピーじゃないし、ヒモでもない
ダッパー・ドンみたいな恰好、ジーンズ穿いていても
神様からの贈り物よ、理想の女の子
天国行きのハイウェイ
11時から7時まで、私をその気にさせる、セブンイレブンみたく
彼が選ぶのはこの私、彼がいるとちゃんとやれる
私の名前をちゃんと知ってるし
頭を使った中身のある会話をする
それってすごく意味のあることなの
イイ男って探すのが難しいのよ

ソルトンペッパー、一時期活動を休止してましたが、今は再開してます。
見た目あまり変わってないのがスゴイ(特にぺパ)。

 
ラベル:90's 歌詞 ラップ
posted by Nikki at 20:24| Comment(1) | TBT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

マーク・ロンソンfeat.ブルーノ・マーズ/Uptown Funk

ブルーノ・マーズの大ヒット曲「Locked Out Of Heaven」でコンビを組んだマーク・ロンソン
ちょっと懐かしくてでも新しいかっこいい曲がまたリリースされました。
その名もUptown Funk
セレブDJ兼音楽プロデューサ、マーク・ロンソンの4年ぶりのアルバムからのリリース。
熱いですね〜これ。
一度聴いたら忘れられない、強烈なインパクトを持つ一曲です。
PVもすごく楽しそうで、友達をわいわい踊りながら聴きたいナンバー。
マーク・ロンソン、前回のアルバムではキャシー・デニスやボーイ・ジョージ(カルチャー・クラブ)をフィーチャして、アラフォー世代にはたまらない1枚になっていました。
本人もリアルタイムで80年代ポップスにどっぷりだったであろう年齢層ですもんね。
そう、当時ってブリティッシュポップスが主流でしたよね・・ワムとか。
ニューアルバムも、ちょっと前のクラブ・シーンをモチーフにしてるとかで、発売が楽しみです。
それにしてもブルーノ・マーズって本当に80年代の不良っぽいファッションがよく似合いますね。

This one for them hood girls
Them good girls straight masterpieces
Stylin', whilen, livin' it up in the city
Got Chucks on with Saint Laurent
Got kiss myself, I'm so pretty
I'm too hot (hot damn)
Called a police and a fireman
I'm too hot (hot damn)
Like a dragon wanna retire man
I'm too hot (hot damn)
Say my name you know who I am
I'm too hot (hot damn)
Am I bad 'bout that money, break it down
Girls hit your hallelujah (whoo)
Girls hit your hallelujah (whoo)
Girls hit your hallelujah (whoo)
'Cause uptown funk gon' give it to you
'Cause uptown funk gon' give it to you
'Cause uptown funk gon' give it to you
Saturday night and we in the spot
Don't believe me just watch (come on)

地元の女の子に捧げるよ
まさに傑作のいい女の子たち
街でスタイル決めて、すばらしく人生を謳歌してる
サンローランのスニーカーを履いて
自分のことキスしちゃう、私ってすごくかわいい
熱過ぎるよ
警察や消防士を呼ぼう
熱過ぎるよ
ドラゴンを引退させるほど
熱過ぎるよ
俺の名前を呼べ、誰だか知ってるだろ
熱過ぎるよ
お金に関しては容赦しないぜ
ハレルヤって言ってみて
アップタウン・ファンクは君を楽しくさせる
土曜日の夜、その場所にいて
信じないで、ただ見ていて

1/14発売だそうです↓

ラベル:セレブ 歌詞
posted by Nikki at 00:00| Comment(0) | POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

ジャスミンV/That's Me Right There

子供の頃からモデルや子役として活躍していたジャスミンV
ジャスティン・ビーバーのデビュー曲PV「baby」に出演し、実際にも恋人同士だったとか。
ということでジャスティンの熱烈なファンから、ネット上でバッシングを受けていたこともありました。
でも、本人は着実にミュージックシーンでキャリアを伸ばしてます。
昨年アルバムを発表しましたが、CDでの販売は今の所ないみたいで、デジタルダウンロードだけみたいですね。
メキシコとフィリピンのハーフらしいですが、本当にかわいいですよね。
でも歌のほうは本格的ですごく大人っぽい。
ずっとケリー・ローランドが歌ってるのかと思っていました。
ケンドリック・ラマーとの絡みもかっこよくて、これからますますがんばってもらいたいもんです。

Yeah, that's me right there (Can't stop, won't stop, hold up)
That's me right there
Nobody gotta tell me how to do it
I took 'em from the start, I can hold it down
I can't even lie, I'm the truest
Put that on everything, on everything
What can I say? Anytime, anyplace I be on it
Not many know what it takes
How to handle this lady, yeah own it
Baby believe me this won't ever stop
I can make this look easy, got this on lock
Yeah, that's me right there (Can't stop, won't stop, hold up)
Yeah, that's my man (Can't stop, won't stop, hold up)
Yeah, that's me right there
Can't nobody love that man
Like I love that man
That's me right there
That's me right there
I ain't never goin' nowhere (Can't stop)
We ain't ever goin' no where (Won't stop)
That right there (Hold up)
That's me right there
Ah, what you want with it
I, recognize that you're on with it
I put your name in a stone with it
Emoji through the phone with it
Menage, nothing wrong with it
And now we're late, when we gon' get it
We up early in the morn' with it
Early in the morn' with it
Ha brace yourself, baby rate yourself
But I know its on a ten
Better yet save yourself,
ain't no crying when that headboard start to bend
No lie, 4-5 for the game, we shoot uzis
Cinematic, might claim this on movie
Pg-13 don't please me
P.S. No BS I'm usually
Teasing myself or somethin' like na na nana
Once I get it I'm a selfish one like nananana
Jasmine only ride Aladdins like nananana
Then I'mma cuff that like one time
Only one time I'mma tell you, I'm

そうよ、それが私
誰も私にどうするか教える必要なんてない
最初から私がリードして勝ち伏せる
ウソすらつけない、私は正直
かけてもいいわ
しょうがないじゃない、いつでもどこでも私はやってみせる
私の扱い方を心得てる人は少ないわ、私がコントロールする
ベイビー、信じて、これはやむことはない
簡単に見せて、手堅くやるの
そうよ、それが私
そうよ、それこそ私の男
そうよ、それが私、どこにも行かないわ
私たちはどこにも行かない

それで何がしたい
やる気満々なんだね
君の名前を石に彫ったよ
絵文字を送ったよ
コントロールして、何もおかしくはない
それをする頃にはもう遅い俺たち
それのために朝早く起きてる
気をつけろ、自分をもっと評価して
むしろ自分を大切にして
曲がったヘッドボードに泣いてもしょうがない
マジな話、4対5、機関銃をぶっ放すんだ
まるで映画 これ映画にできそう
13歳以上限定作品なんて面白くない
追伸、たわごとはナシだよ
俺は普段は自分で○△X@...
その時になったら自分勝ってに○△X@...
ジャスミンはアラジン以外相手にしない
じゃ、俺も一途で行くよ

ケンドリック・ラマーのリリックも秀悦ですね ひらめき

 
posted by Nikki at 23:59| Comment(0) | 女性R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。