2015年01月15日

ジョー/All The Thing(Your Man Won't Do)

今日はThrowback Thursdayなので、昔の曲から。
ジョーAll The Thing(Your Man Won't Do)
これは本当に名曲ですよね〜。
この曲で一躍トップR&Bスターに躍り出たジョー。
浮き沈みの激しいショービジネスで、未だに現役で活躍してる数少ないアーチストなんですよね。

昨年も11枚目のアルバムを発表。
ソウルトレインミュージックアワードではケリー・ローランドとのデュエット曲「Love & Sex Pt. 2」がベストインデペンデンスR&B/Soul賞に輝いていました。
ずいぶん昔に日本でライブを見たことがありますが、本当に盛り上がりました。
サービス精神旺盛で、日本のファンからも厚い支持をうけていますね。
彼を見ていると本当に才能ってスゴイなと思います。
ラブソングを量産し続けるジョー。
これからもがんばってほしいものです。

で、All The Thing(Your Man Won't Do)なんですけど、内容は結構負け組というか(^^;)
彼氏がいる女の子を狙ってるせこい男の口説き方、といったら失礼でしょうか。
I Wanna Knowも彼氏がいる女の子が相手だし。
生ジョーを見た時は想像してたより結構背が低くてビックリ。
今思うとモテない男の子アンセムなのかもしれませんね?

Hey, love, you say you need someone
To be there for you, to love you all night long
It's kinda funny but I don't think you have to look no further
Because I'm right here, and I'm ready
To do all the things your man won't do
Tell me what kind of man would treat his woman so cold?
Treat you like you're nothin' when you're worth more than gold
Girl to me you're like a diamond, I love the way you shine
A hundred million dollar treasure, I'll give the world to make you mine
I'll put a string a pearls right in your hand
Make love on a beach of jet black sand
Outside in the rain we can do it all night
I'll touch the places he would not
And some you never knew would get you hot
Nothin' is forbidden when we touch
Baby, I wanna do
All of the things your man won't do
I'll do them for you
Baby, I wanna do
All of the things your man won't do, every little thing
I'll do them for you

ねえ君、一晩中愛してくれる誰かがほしい、って言ってたよね
ヘンに聞こえるかもしれないけど、もう探す必要はないよ
だって僕はここにいるし、君の彼氏がしないこと全部してあげるよ
自分の彼女をそんなに冷たく扱うなんてなんていう男なんだ
金より価値がある君を何でもないように扱うなんて
僕にとって君はダイアモンド、輝いている様が好きだ
1憶円払ってもいいから君を僕のものにしたい
真珠の紐を手のひらにのせてあげる
黒い砂浜で愛し合おう
雨の夜の中一晩中
彼がふれない場所に僕はふれる
君は知らない 熱くさせる場所があるって
僕たちが触るとダメなことはひとつもない
ベイビー、君の彼氏がしないことを僕は全部してあげる
君のためにしてあげるよ

 

無人島に一枚持って行くならコレに決まり!
続きを読む
ラベル:男性r&b 90's 歌詞
posted by Nikki at 00:00| Comment(0) | TBT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

ベッキーG/Cant't Stop Dancing

白人フィーメールラッパーが熱いですね。
イギー・アゼリアの登場も衝撃的でしたが、こちらも気になります。
ベッキーG。

アイアイアイエ〜♪というサビの部分が一度聴いたら耳から離れません。
ザラリとした声もクセになりそうです。
最近ポップスとR&Bのボーダレス化が進んでますね。
アーチストもファンも、ジャンルにとらわれず、好きなものを聴いてる(歌う)、という感じ。
私も最近丸くなってきたというか、許容範囲が広くなりました。
昔はポップスには見向きもしなかったんですが・・。
ベッキーGは現在17歳(!)のラッパー。
ピットブルともコラボしている、若手実力派アーチストです。
ディズニーチャンネルのアワードでも受賞し、特に若い子のアイドルといった感じ。
Showerは若いな〜って感じでしたが、Cant't Stop Dancingは違いました。
大人でも十分ノレますよ。おすすめです。
本名がゴメスとヒスパニック系で、顔やヘアもちょっと日本人に近い感じ。
ファッションとかメイクとか参考になりそうです。

The lights are shining like the sun out tonight
Just keep ya body movin' how I like
Oh yeah the music feels like paradise
Can't get any better no
I wanna stay right in this moment for life
Baby treat me wrong treat me right
Ay yaya iya aye
Just can't stop dancin'
Ay yaya iya aye
Don't wanna chance it
So don't let go, let go of me
Don't let go, let go of me
Ay yaya iya aye
I just can't stop dancin'

今夜はライトが太陽みたいに輝いてるわ
私が好きなように体を動かして
この音楽、まるで天国みたい
最高だわ
一生この瞬間にとどまっていたい
ひどく扱って、上手に扱って
アイヤヤアイヤイェ
踊るのがやめられない
そんなことしたくない
だから私を離さないで
アイヤヤアイヤイェ
踊るのがやめられないの

Again now
Spin around now
Down now, to the floor now
Believe it, I feel it
It's in the air
Although you can't see it you know it's there
My heart keeps on racing, in overdrive
Once the music hits my body I feel so alive
And it's alright
It's got me like...
もう一度、回って、低く、フロアまで
信じて、感じて、空気中にある
見えないけど、そこにあるの
心臓がどきどきしてる はやりすぎ
音楽が体にヒットすると、元気が出る
いい気持、こんな風にさせるの

 
posted by Nikki at 00:00| Comment(0) | POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

マジック!/Rude

2014年にブレイクしたアーチスト、マジック!をさしおいて他にはいないでしょう。
(まぁ、サム・クックとかもいましたけど、それはそれで置いといて)
Rude、「それでも僕は結婚する」という邦題がつけられていました。
ラジオでもひっきりなしにかかっていたので、聞いたことがある方も多いのでは?
レゲエのリズムが心地よく、所々耳に入る歌詞も、何のこと歌ってるんだろう?って気になっていました。

歌っているマジック!(Magic!)というバンドは、トロント出身の4人組。
2012年にバンド結成、2013年のデビューシングル「Rude」を発表し、いきなりトップチャートに伸びりつめたからスゴイです。
ボーカルのナスリが作曲を勤め、クリス・ブラウンにも楽曲を提供していたそう。
シャキーラのアルバムの中でもフィーチャされたり、2014年のワールドカップの公式サントラにも参加しています。
今年はどんな活躍を見せてくれるか楽しみです。

Saturday morning jumped out of bed and put on my best suit
Got in my car and raced like a jet, all the way to you
knocked on your door with heart in my hand
To ask you a question
'Cause I know that you're an old fashioned man yeah yeah
Can I have your daughter for the rest of my life? (Say yes, say yes)
'Cause I need to know
You say I'll never get your blessing till the day I die
Tough luck my friend but the answer is no!
Why you gotta be so rude?
Don't you know I'm human too
Why you gotta be so rude
I'm gonna marry her anyway
(Marry that girl) Marry her anyway
(Marry that girl) Yeah no matter what you say
(Marry that girl) And we'll be a family

土曜の朝ベッドから飛び起きて一張羅を着た
車に乗ってあなたのもとへジェット機のように飛ばした
胸に手を置いてドアをノックした
あなたに聞くために
なぜなら昔かたぎの人だってわかってるから
お嬢さんを僕に下さい(イエスといって、イエスといって)
知りたいんです
あなたは言う
俺が死ぬまでお前にはそんな幸運は訪れないって
ついてないな、答えはノーだ
どうしてそんなひどいんですか
僕だって人間です
とにかく彼女と結婚します
(あの子と結婚するんだ)とにかく結婚する
(あの子と結婚するんだ)ああ、あなたが何といおうと
(あの子と結婚するんだ)そして僕たちは家族になる

結婚式の披露宴で歌ってみたい歌ですね。わーい(嬉しい顔)

 
ラベル:pop レゲエ
posted by Nikki at 04:07| Comment(0) | POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。