2015年04月08日

トレイ・ソングス/Slow Motion




トレイ・ソングスがまたやってくれましたね〜。
Touchin', Lovin' がかなり私のヘビロテだったんですが、

この歌も非の打ち所のない甘くてメロウなナンバー。


歌詞はやっぱりとってもエロいけど・・・ふらふら


シチュエーション的に、クラブで狙ってた女の子が帰っちゃって、

それをおっかけてくどいてるイメージ?

それとも、妄想ですかね、全部?

それはそれでまた切ないわ・・あせあせ(飛び散る汗)

Just for a second..Just for a second..

と言ってるところが、個人的にかわいくて好きです♪

和訳は英語の下にありますバッド(下向き矢印)

I know you got all dressed up for the club

Waiting on them to come pick you up

Baby, when I saw ya walking out the door

I just knew ya needed something more

Now whip it straight back to the crib

Finna give you something that you won't forget

Baby, I just wanna get you out them clothes

I just wanna see you dance in

Slow motion

We can take, we can take, we can take our time, baby

In slow motion

We can take, we can take, we can take our time, stay here

In slow motion

So shawty let your hair down, take a sip

Go and put this joint between your lips

Baby, why don't you make yourself comfortable

While I go and put this tongue on you

So tell me when you ready

I'ma speed it up for you just for a second

Just for a second

Then I'ma slow it back down and keep it steady

Now that you are out them clothes

I just wanna see you dance in slow

Slow motion
We can take, we can take, we can take our time, baby

In slow motion

We can take, we can take, we can take our time, stay here

In slow motion

Oh darling, I just wanna get you out them clothes

I just wanna see you dance in

クラブに来るためにドレスアップしたんだね

迎えに来るのを待ってるんだろ

ベイビー、君が出て行くのを見送った時

もっと求めてたんだってわかったんだ

家にすぐ帰ろう、忘れられないことしてあげるよ

ベイビー、その服を脱いでほしいだけ

君の踊ってるところが見たい

スローモーションで

ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり時間をかけたらいい ベイビー

スローモーションで

ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり時間をかけたらいい ここにいて

スローモーションで

だからカワイイ君、髪の毛をおろして、お酒でも飲んで

その唇にジョイントをくわえて

ベイビー、リラックスして

僕の舌が君に触れる間

その気になったら教えて

ほんのちょっとだけスピード上げるから

ほんのちょっとだけだよ

そうしたらまた速度を落としてそれをキープしておくよ
※繰り返し

このアルバムはほんと捨て曲なしですね!

 


ラベル:歌詞 男性r&b
posted by Nikki at 05:06| Comment(0) | 男性R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

アイラブマコネンfeat.ドレイク/Tuesday

この曲を聴いた時の衝撃といったらありません。

何このヘンな歌?
またけったいなのがでてきたな〜
って・・。
でも、こういうのってクラブとかで聴くとはまりそうですよね。
なんか、もってかれちゃうっていうんでしょうか。

歌ってるのは新人アーチスト、アイラブマコネン。
マコネンというのは本名で、インド、ベリーズ、中国、ドイツと色んな血が混じってるらしいです。
だからでしょうか、東南アジアっぽくも見えたり、いい意味で得体のしれない人物って感じ。
地元では結構悪いグループに属してたそうで、前科もあるとか。
でも、ソーシャルメディアを使って自分で曲を発表したり、地道に音楽活動をしていたみたいです。

Tuesdayはデモを聴いたDrakeに見いだされ、リミックスが誕生。
本人はレーベルにはこだわらず、インディーズでやっていきたいそうです。
でも、このずば抜けたオリジナリティ、世界が放っとかないでしょう。
ビルボードチャートでも12位にランクイン。

なんで火曜日?(Tuesday)って思いますよね。
火曜日って普通クラブはどこも寂しいですよね。
マコネンは週末は仕事なので遊べない。
その理不尽さ?を歌にした、ってことらしいです。

Club goin' up, on a Tuesday
Got your girl in the cut and she choosey

[Drake]
Squad goin' up, nobody flippin' packs now
I just did 3 in a row, them shows is back-to-back to back now
Put the world on our sound, you know PARTY and The Weeknd
Ain't got no motherfuckin' time to party on the weekend
Tell Gelo, "Bring the juice, we about to get lit"
Fill the room up with some "tings", one night off and this is it
Always workin' OT, overtime and outta town
Shit is crazy back home, it kills me that I'm not around
I think we gettin' too deep; shit I'm talkin' might be too true
Upstairs I got xan's in an Advil bottle, I don't take them shits
But you do, so I got 'em for you
I don't need the pills, I'm just gon' have another drink
And when I'm puttin' work in on a weekend
I'll look back on this and think how we had the club going up

[Ilovemakonnen]
Working Monday night, on the corner flipping hard
Made at least three thousand, on the Boulevard
I've been working graveyard, shifts every other weekend
Ain't got no fucking time to party on the weekend
I've been flipping in the house, making juugs on the highway
I've been riding out of state, making money like my way
I don't think that I should dance, I'm just gon have another drink
I'm doing my stance, you know my Molly pink
I've got the loudest of the loud, you know my gas stink
My P.O. think I'm in the house, don't give a damn about what she think

火曜日クラブは盛上るぜ
彼女を連れて行きな、選り好みし過ぎな子
チームが盛り上がってる、誰もクスリはやっちゃいない
薄いビールを続けて飲んだだけだ、映画を立て続けにやってる
世界を俺たちの音に乗せて、週末のパーティだ
週末のパーティ、そんな時間すらない
ジュースを持ってこい、ハイになろうってジェロにいいな
部屋をアレでいっぱいにしな、一晩だけだ、それで終わり
働き過ぎ、街から出て、いつも働いてる
早く帰りたい、ここにいれないっていうのはツライぜ
ちょっとディープ過ぎるか、事実を言い過ぎかもな
2階にはアドヴィルのボトルにザナックスが入ってる
そんなもんは俺は飲まない
でもお前は飲むんだろう、じゃ取って来てやる
クスリはいらないんだ、もう1杯飲むだけ
週末また仕事になったら
これを思い出すよ、クラブでどれだけ盛り上がったか

月曜の夜がんばって働く、クスリが飛び交う街角で
大通りで最低3000ドルは稼ぐ
墓場でも働いてた、隔週でな
週末は仕事でパーティどころじゃない
家でくさってる、ハイウェイの仕事しながら
州を出てるんだ、自分のやり方で金を稼いでる
踊るべきだとは思わない、もう一杯やるよ
自分のやり方でやる、俺のMDMA
一番キツイやつ、俺のガスは臭いだろ
上司は俺が家にいると思ってるだろうな
彼女がどう思うか、俺の知ったことか

 

次はどんな曲でみんなをビックリさせるんでしょうか?
日本ではまだカラオケのデジタル配信だけみたいです。
ラベル:新人 ラップ 歌詞
posted by Nikki at 00:00| Comment(0) | HIP HOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

エンリケ・イグレシアス/Bailando

エンリケ・イグレシアス、好きなんです。
この曲は、レゲエ・アーチストのショーン・ポールもフィーチャしていて、とてもわたし好み!
Heroのようなしっとりバラードもいいですが、こんなダンス・ミュージックもこなせるなんて、さすがスーパースター。
ダミ声のスペイン語(っていっちゃ失礼ですね)はキューバのレゲトンスターだったんですね〜。
エンリケ・イグレシアスの10枚目のアルバム、Sex And Loveからの6番目のシングルカットであるこの曲。
ビルボードラテンチャート1位、Youtubeでもケイティ・ペリーに続く最も見られたPVとして驚異的な記録を残しました。
ビデオもストリートっぽくてかっこいいし、お姉さんたちもキレイですね。
スペイン語バージョンやポルトガル語バージョンもあって、そっちもノリノリで素敵♪
エンリケ・イグレシアスのスペイン語も本場だけあって、最強です。
マイアミ育ちのせいか、カリビアンとも相性良しです。

Bless 'em on the rain, no stress
And this one is straight for di girl 'em
Enrique Iglesias longside Gente de Zona (Deceme)
Get di girl them in a di zone
And there's a big bone
Sean a-Paul let me tell ya what me tell 'em 'pon the zone
Liking it just like that
Di girl let 'em move 'pon track
Sean a-Paul let me tell ya
Enrique, sing for 'em, do it.

You look at me and, girl, you take me to another place (because me need it, baby girl)
Got me feeling like I’m flying, like I’m out of space (heart beat)
Something ‘bout your body says, "Come and take me." (because me need it, baby girl)
Got me begging, got me hoping that the night don’t stop (rock that body 'cause we don’t stop party)
(Bailando, bailando, bailando, bailando)
Tu cuerpo y el mio
Llenando el vacio
Subiendo y bajando (subiendo y bajando)
(Bailando, bailando, bailando, bailando)
Ese fuego por dentro
Me esta enloqueciendo
Me va saturando

Girl, I like the way you move
Come and show me what to do
You can tell me that you want me
Girl, you got nothing to lose
I can’t wait no more (ya no puedo mas)

雨のお慈悲、ストレスなし
女の子たちに捧げるよ
エンリケ・イグレシアス、ヘンテ・デ・ソナとディセメもいる
そこにいる女の子たちを捕まえて
大物ショーン・ポールが参上だ
そんな風に好きになって
曲にのって踊って
ショーンポールが教えてやるぜ
エンリケ、歌ってやってやれ

僕を見て、ねえ、君は僕を違う場所に連れて行く(だって俺はそれがいるんだ)
まるで飛んでるような気持ち、宇宙の外にいるような(心臓が高鳴ってる)
君の体がいうような、私を捕まえに来てって(だって俺にはそれがいる)
夜が終わらないように、僕を乞わせて、祈らせる
踊りながら
君の体と僕の体
距離を埋める
上昇したり、下降したり
体の中の炎が
俺を狂わせる
溢れてしまう

ねえ、君その動きが好きだ
来てどうするのか見せて
僕がほしかったら教えて
君が失うものは何もないよ
もう待てないんだ(もうこれ以上)

 

参加アーチストも、フローライダー、ピットブル、カイリー・ミノーグと超豪華。
まさに捨て曲なしです。
ラベル:レゲエ pop 歌詞
posted by Nikki at 00:00| Comment(0) | POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。