2015年01月05日

ジャスミンV/That's Me Right There

子供の頃からモデルや子役として活躍していたジャスミンV
ジャスティン・ビーバーのデビュー曲PV「baby」に出演し、実際にも恋人同士だったとか。
ということでジャスティンの熱烈なファンから、ネット上でバッシングを受けていたこともありました。
でも、本人は着実にミュージックシーンでキャリアを伸ばしてます。
昨年アルバムを発表しましたが、CDでの販売は今の所ないみたいで、デジタルダウンロードだけみたいですね。
メキシコとフィリピンのハーフらしいですが、本当にかわいいですよね。
でも歌のほうは本格的ですごく大人っぽい。
ずっとケリー・ローランドが歌ってるのかと思っていました。
ケンドリック・ラマーとの絡みもかっこよくて、これからますますがんばってもらいたいもんです。

Yeah, that's me right there (Can't stop, won't stop, hold up)
That's me right there
Nobody gotta tell me how to do it
I took 'em from the start, I can hold it down
I can't even lie, I'm the truest
Put that on everything, on everything
What can I say? Anytime, anyplace I be on it
Not many know what it takes
How to handle this lady, yeah own it
Baby believe me this won't ever stop
I can make this look easy, got this on lock
Yeah, that's me right there (Can't stop, won't stop, hold up)
Yeah, that's my man (Can't stop, won't stop, hold up)
Yeah, that's me right there
Can't nobody love that man
Like I love that man
That's me right there
That's me right there
I ain't never goin' nowhere (Can't stop)
We ain't ever goin' no where (Won't stop)
That right there (Hold up)
That's me right there
Ah, what you want with it
I, recognize that you're on with it
I put your name in a stone with it
Emoji through the phone with it
Menage, nothing wrong with it
And now we're late, when we gon' get it
We up early in the morn' with it
Early in the morn' with it
Ha brace yourself, baby rate yourself
But I know its on a ten
Better yet save yourself,
ain't no crying when that headboard start to bend
No lie, 4-5 for the game, we shoot uzis
Cinematic, might claim this on movie
Pg-13 don't please me
P.S. No BS I'm usually
Teasing myself or somethin' like na na nana
Once I get it I'm a selfish one like nananana
Jasmine only ride Aladdins like nananana
Then I'mma cuff that like one time
Only one time I'mma tell you, I'm

そうよ、それが私
誰も私にどうするか教える必要なんてない
最初から私がリードして勝ち伏せる
ウソすらつけない、私は正直
かけてもいいわ
しょうがないじゃない、いつでもどこでも私はやってみせる
私の扱い方を心得てる人は少ないわ、私がコントロールする
ベイビー、信じて、これはやむことはない
簡単に見せて、手堅くやるの
そうよ、それが私
そうよ、それこそ私の男
そうよ、それが私、どこにも行かないわ
私たちはどこにも行かない

それで何がしたい
やる気満々なんだね
君の名前を石に彫ったよ
絵文字を送ったよ
コントロールして、何もおかしくはない
それをする頃にはもう遅い俺たち
それのために朝早く起きてる
気をつけろ、自分をもっと評価して
むしろ自分を大切にして
曲がったヘッドボードに泣いてもしょうがない
マジな話、4対5、機関銃をぶっ放すんだ
まるで映画 これ映画にできそう
13歳以上限定作品なんて面白くない
追伸、たわごとはナシだよ
俺は普段は自分で○△X@...
その時になったら自分勝ってに○△X@...
ジャスミンはアラジン以外相手にしない
じゃ、俺も一途で行くよ

ケンドリック・ラマーのリリックも秀悦ですね ひらめき

 
posted by Nikki at 23:59| Comment(0) | 女性R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

マライア・キャリー/ You're Mine(Eternal)

今年の前半マイベストソングはマライアの「You're Mine」です。
歌もそうですけど、PVもキレイでした。
まぁ、突っ込もうと思えばいくらでも突っ込めそうな内容でしたが(^^;)
姉さん、あいかわらず露出好きなのね、とか。
蝶々好きが転じて本当に蝶々になっちゃったのね、とか。

私生活でも年下のイケメン旦那&子宝に恵まれ・・・と思っていたら、不仲説が浮上。
今年の春から既に別居中と発表されましたよね。
先日もNYのクリスマスツリーのライトアップセレモニーで、離婚協議のこじれで、大遅刻・・という事態に。

この二人こそ格差婚って感じですが、マライアが、ニック・キャノンのことを「my husband」というギャップが、何ともキュートで好きでしたけどね。
素敵なカップルだっただけに、残念です。
ニック・キャノンって背中に彼女の名前を彫ってたと思うんですが、それどうするのかな?
とちょっと気になる私でした。

I can't seem to live without your love
Suffocating here by myself dying for your touch
Spring time eyes that get you every time
And I just can't seem to give you up you're mine
You make me feel
Our love would never end
How can I forget
Baby we were the best
Suffered dreams of you all through the night
And baby I can't seem to give you up you're mine

あなたの愛なしでは生きていけなさそう
死ぬほどあなたに触れてほしくて、一人であえいでる
うるんだ目でいつもあなたを目で追ってた
あなたを失うことなんてできなさそう
あなたは私のもの
私たちの愛は終わらない
あなたはそんな気持ちにさせてくれた
忘れる事なんてできない
私たち最高だった
一晩中苦しんだわ
ベイビー、あなたを失うことなんてできなさそう

ラストで十八番のホイッスルボイスが聴けます。
もう職人技といった感じ。
 

posted by Nikki at 00:00| Comment(0) | 女性R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

メアリー J ブライジ / Therapy

メアリーJのことを書かせてください。
90年代のR&Bは彼女ナシでは語れない。
SWVやEnVogue、TLCとフィーメールグループが乱立する中、圧倒的な存在感を放っていたのが彼女。
やがて2000年代、デスチャを皮きりにミュージックシーンは、見た目と勢いだけにとってかわったように思うんです。
キャッチ―でノリはいいんだけど、ずっと聴きたいという曲は少ないんですよね。
そこのところ、昔のCDは今でも聴きますから。
まぁ、当時と今の自分の感性の違い、といってしまえばそれまでですが。
要するに、年ってこと?

で、ビジュアルとセクシャリティが独り歩きしてる今の音楽業界の中、孤軍奮闘してるのがメアリーJだと思うんです。
露骨な歌詞や衣装で注目を集める他のアーチストをしり目に、彼女はただ歌だけで勝負してる・・・それがカリスマ。
それがクイーン・オブ・R&B。
セラピー( Therapy )は1年2ヶ月ぶりに出たニューアルバムのシングル曲。
抑制のきいたリズムで、彼女の劇場が幕を開けます。

Why would I spend the rest of my days unhappy
Why would I spend the rest of this year alone
When I can go therapy
When I can go therapy two times a day
Why would I spend the rest of this week so bitter
And all that listening is making you bitter too
When I can go therapy
When I can go therapy two times a day
何で私が残りの日々、ブルーに過ごすわけ
何で私が残りの年、一人で過ごすわけ
セラピーに行けるっていうのに
1日に2回セラピーに行けるのに
何で私が週の残りを苦い思いで過ごすわけ
こんなの聞いてるあなたも苦い気持ちだし
セラピーに行けるっていうのに
1日に2回セラピーに行けるのに

いや〜彼女だからこそ歌い上げれる世界観グッド(上向き矢印)
イギリスの制作陣とのコラボで生れたケミストリーですね。

続きを読む
posted by Nikki at 06:44| Comment(0) | 女性R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。