2014年12月28日

アッシャー/ Good Kisser

アッシャーの新アルバムはいつでるんでしょうか?

2013年に製作開始が発表されましたが、発売日はいまだ未定。

ひとまず来年には絶対出るようなので、期待して待つことにしましょう!


この曲は新アルバムから先行して発表された曲。

一度耳にしたら離れないリズム。

今までのノリノリのダンスチューンとは一味違い、抑えたテンポで、アッシャーの実力を見せつけらる感じ。

新アルバムは「みんなをビックリさせるようなものになる」そうです。

そんな新作を予感させるような曲だと思いませんか?


歌詞の内容はこちら↓


I done been around the world, I done kissed a lot of girls

So I'm guessin' that it's true

Make me holla and I bet a million dollars

Don't nobody kiss it like you

Don't nobody kiss it like you, don't nobody kiss it like you, bang, bang, bang

Don't nobody kiss it like you, don't nobody kiss it like you


It's 5 in the mornin'

Kush is rollin' while she's makin' steak and eggs

At 5 in the mornin'

We can only be about to do one thing (what?)


世界中を旅し、たくさんの女の子とキスをした

だからこれは確かだと思う

百万ドルかけてもいい

君みたいにキスが上手な子はいないよ

バンバンバン

君みたいにキスが上手な子はいないよ


朝5時

彼女がステーキと卵を作ってる間、ジョイントを巻いてる

朝5時

俺たち、ただあれのことだけをすればいいんだよ


Don't nobody kiss it like you と「it」が入ってるだけで、意味が若干変わってきますね(^^;)

あまり深堀せずさらっと流したほうがほさそうです。(苦笑)


↓この次はいつ出るんでしょうか?
ラベル:歌詞 男性r&b
posted by Nikki at 00:00| Comment(0) | 男性R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

ニーヨ / She Knows

待望のニューアルバム「Non Fiction」がさらに延期になりましたね。
今の所1月27日発売予定、ってことらしいです。
でもシングルは出続けているという・・。
ニューアルバムからのシングル第二弾は「She Knows」
これ、赤ちゃんの声が妙に耳に残るんですよね〜。
歌詞も、赤ちゃんのこととも取れるような内容。
スティービー・ワンダーの「Isn't She Lovely」のような。
実生活でも二児のパパであるニーヨ。
赤ちゃんのことを知ってるからこそ歌える歌詞ですよね〜。
PVはの内容はバリバリ成人向けって感じですが・・・(^^;)
ニーヨっておじいさんが中国系アメリカ人なんですね。
アジア系の血が流れてるって思うと、妙に親近感(?)がわいちゃいます。
かつてモデルのタイソンとかいましたけど(今もいるけど)、彼もエキゾチックな目をしてましたね。

サビの部分はコチラ↓
And she loves the attention
That she get when she moves, yeah
Showin' out with her home girls
Hypnotizing all the dudes, oh

彼女は人の気を引くのが大好きなんだ
自分が動いている時にね
女友達に見せびらかしながら
男どもを夢中にさせながら

続いてJucy Jのパートはコチラ↓

She know what she working with
I see you, uh
You got my attention baby, go do what you do
I think she noticed, know you gon' have to make a move
All this ice in my rolley, no wonder I play it cool
Ain't no 'I' in Team but
I got my eyes on you, I watch it bounce
When she walk, she lick her lips
When she talk
I throw her in that Bentley coupé with the top off like Mardi Gras
All that cake, come get you some filling
Like a soap opera come watch all my children
Hit it so long that she might lose feeling
With her legs in the air, she gon' walk on the ceiling

彼女は自分がやってることを熟知してる
俺の気を引いてるよ、どんどんやってくれ
彼女は気づいてるよ、だから行動を起こさなきゃな
俺のロレックスは宝石だらけ、だからクールにふるまってる
単独プレイはよくないけど
目が離せないんだ、君が飛び跳ねてるのを見てるよ
彼女が歩く時、唇をなめる時、しゃべる時も
ベントレーのクーペに彼女を放り込むのさ
マルディグラの仮装パレードのようにな
ケーキが山盛り、味見してみな
メロドラマのようにな、all my childrenを見ようぜ
彼女がヘロヘロになるまでやりまくる
足は中に浮いて天井を歩き出す

ラップが入ると下ネタにいっちゃいますね・・・(^^;)




ラベル:歌詞 男性r&b
posted by Nikki at 00:00| Comment(0) | 男性R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

ルーク・ジェームス / I Want You

今年も新しいアーチストがたくさん誕生しましたね。
私がとっても期待してるのはルーク・ジェイムスです。
去年あたりからラジオでよくかかっていて、グラミー賞にもノミネートされてました。
声がね、好きなんです。鼻にかかっててハスキーなところが!
PVを見てビックリ「え?こんな若造!?」(失礼)とビックリしたんですが、今年30歳らしいです。
地味めなので、若く見える。
R&Bってどうもアッシャーやらクリス・ブラウンやらエグザイルのような、派手なイメージがあるので、そのギャップがまたいい。
地味なんだけど、じわじわくるんです。
真綿で首を絞められてるような(笑)。
デビュー当時のジョーのような、恐ろしいほどの才能を感じさせるアーチストです。
グラミーノミネート曲の「I Want You」の対訳はコチラ↓

It's crazy how your heart just has a mind of its own
Like when a smile that makes the choice on its own
Well the funny thing about this heart of mine...it knows what it wants
 [But see the crazy thing is]
My mind tries to deny but girl I can't fight what I know
I know...
I want you

クレイジーだよ、ハートそのものが意志を持ってるって
笑顔が自在に物事を決められるみたいに
僕のハートのおかしな所には、何がほしいかわかってるってこと
でもクレイジーなのは
自分の意志では否定しようとしてるんだけど、
僕はそれと戦ってるんだけど・・
君が欲しいんだ

今年はサム・スミスの「Stay With Me」が大やはりでしたが、ルーク・ジェームスバージョンも素敵ですよ。
このアルバムは自分のクリスマスプレゼントにしちゃいました。
ジャケだと変ですが、本当はもっとかっこいい。



ラベル:歌詞 男性r&b
posted by Nikki at 00:00| Comment(0) | 男性R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。