2015年04月17日

ジデンナfeat.ローマン・ジャンアーサー/Classic Man

この曲、今ヘビロテです。
Jidenna.jpg

ジデンナのClassic Man
白人かと思ったら、色の薄いブラックなんですね。
お父さんがナイジェリア人で、お母さんはアメリカ人。
6歳までナイジェリアで育ち、ボストンへ。
お父さんはエンジニアでアフリカで初めてパソコンを作った人だとか。

インタビューでは、スーツとか三つ揃いとかが、普段着なんだそう。
19世紀の男性のファッションを目指してるらしいです。
いいな〜素敵。私も着物を普段着にしようかな〜これから。

Classic Manですが、記念すべき彼のデビューアルバム。
歌詞がクリーンでいいですね。
まぁ「くそったれ」とか言ってますが、リル・ウェインとかに比べたら(苦笑)
もう癒されちゃいます。

ジャネル・モネイとのコラボの新曲【ヨガ】もリリース。
これからますます活躍が期待される彼です。

早くアルバム出ないかな〜

 

英語の歌詞は下にあります↓

一晩中俺の名前が呼ばれてる
礼儀正しくするために本性を隠すことだってできる
一晩中「愛する人」と呼ばれてる
礼儀正しくするために牡牛にだってなれるさ
多くの女性が俺と人生共にしたいって思ってる
こんな感じに
なんで女性全員と結婚できないんだろう

彼女が行ってしまっても
彼女が行ってしまっても

俺は昔かたぎな男
こんなにクリーンなら意地悪でもかまわない
俺は昔かたぎな男
俺の事、若いギャングだと思って
俺は昔かたぎな男
ストリートで君の要望は叶う、エレガントで古き良き時代の男
そうさ、ベイビー、俺は昔かたぎな男

地元で羽振り聞かせてた
みんなが寒さで震えてる時、
俺はクールに振る舞ってた
ナット・キング・コールのようにね
野郎どもは俺みたいにモテ男にはなれやしない
俺はレプラコーンみたいに魅力的だぜ、くそったれ
誰が相手なのか、わかってんのか、くそったれ
ボスのように扱えってんだ、くそったれ
法律に従って生きてるんじゃねえ、くそったれ

入口を突っ切った、みんなも入った
人生は花だ、輝かしく生きる
野郎どもは俺の輝きをうらやましがってる
俺は仲間を愛してるんだ、くそったれ
俺はまさに「俺は男だ」ってタイプだぜ、お前は何様だ、くそったれ
宝石みたいに輝ているんだ、くそったれ
たとえ火がついてたってクールだぜ、くそったれ

彼女が行ってしまっても
彼女が行ってしまっても

手袋は汚いけど、手はキレイだぜ
ビジネスは仲間内だけにしとかなきゃな
パントリーに金をパンパンにしてる間
野郎どもは格好つけてカインとか言ってやがる
こんな感じだ、よく聞け
お前はゴムを外す、俺は封筒を出す
腕を組んでるレイディたちは見世物のためじゃない
俺の仲間のマダムたちはみんな、将軍だぜ
戦争だ、覚悟しな
俺のドアに入ってくる?
入れろ、入れてしまえ
こういうの、前にもあったんだよな

必要なものは事足りる、ストリートでな
俺は昔かたぎの男

My name calling all night
I can pull the wool while I'm being polite
Like, darling calling all night
I can be a bull  while I'm being polite
Like, oh me, oh me oh my
I know many woman want to be in my life
Like, oh me, oh me oh my
Why can't every woman end up being my wife?

 [Pre-Hook]
 Even if she go away, even if she go away
 Even if she go away, even if she go away

[Hook]
 I'm a Classic Man
 You can be mean when you look this clean
I'm a Classic Man
 Calling on me like a young OG
 I'm a Classic Man
 Your needs get met by the street, elegant old fashioned man
 Yeah baby I'm a Classic Man

[Verse 2]
 I burn through the hood like whoa
 When everybody's feeling so cold
 I'm cool like Nat King Cole
 And niggas get a bit of my glow
 I got charm like a leprechaun, mummafunka
 Now y'all fucking with the wrong mummafunka
 Treat me like a don, mummafunka
 And we don't live by the law, mummafunka

[Pre-Hook + Hook]

 [Verse 3: Roman GianArthur]
 I burn through the gate like whoa
 And everybody get in, we know
 I love life, living like gold
 And niggas wanna get in my glow
 I got mad love for my crew, mummafunka
 I'm the- I'm the man, who are you mummafunka?
 Shine bright like a jewel, mummafunka
 Even under fire I'm cool, mummafunka

[Pre-Hook: Roman GianArthur]
 Even when she go away, even when she go away
 Even when she go away, even when she go away

[Hook]

[Verse 4]
 Keep my gloves dirty but my hands clean
 Got to keep the business in the family
 Bread when I'm filling up the pantry
 Now my niggas slang 'caine like a dandy
 I tell you how it go
 You pull out rubber bands, I pull out an envelope
 The ladies on my elbow ain't for the show
 Every madame on my team is a top general, oh
 Got to be ready for war, war
 Should they get into my door, door?
 Get 'em, we'll get 'em, I know that we'll get 'em
 Cause I lived through this shit before, oh

[Hook]

Your needs get met by the street, elegant old fashioned man
 Yeah baby I'm a Classic Man
posted by Nikki at 00:00| Comment(1) | 男性R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

ミント・コンディション/You Don't Have to Hurt No More

木曜日はThrough Back Thursdayで、懐メロ特集です。

ミント・コンディションも、90年代らしいグループですよね。


0415_mc.jpg

出典元:MINT NEWS

この曲が入ってるアルバムDefinition of a Bandは本当に捨て曲がなくって、完成度の高いアルバム。
これ1枚で"Let Me Be The One"とか"What Kind Of Man Would I Be"とかビッグなナンバーも聴けますしね。
スチールドラムを使ったインストゥルメンタルもクールです。
今でも、たまに聴きたくなるCDのうちのひとつ。

あと、このもうひとつ前のアルバムFrom the Mint Factoryもおすすめです。

ボーカルのストークリーは激やせしたケリー・プライスとコラボしてたのが記憶に新しいですね。

トニ・ブラクストンの旦那ケリー・ルイスは元キーボードプレイヤーというのも有名です。

メンバーは変わったものの、今でも現役で活躍してる数少ないバンドです!

彼の君への扱い方が、僕は気に入らない
僕だったらそんな風にはしない
君が彼の所有物なんて、
何を根拠にそんなことが言えるんだ

彼が君を泣かせた夜の数々
君を泣かせる以外に何もしてやらない
ねえ君、僕と一緒においで
だってこの家は家庭とは呼べないよ

(※)
彼はもう行ってしまったし、過去の物
もう傷つかなくていいよ
君のために僕がついていてあげる
君が求めていた全ての愛をあげるよ
もうこれ以上傷つかなくていい
彼のことはもう終わった
君が探していたものに、僕がなってあげる
僕を奪ってくれ
もうこれ以上傷つかなくていいよ

見せてあげる
君が探していたもの、僕がそうだよ
だから傷つかなくていい、傷つかなくていい

もうこれ以上
こんなかわいい目の君を、
どうして彼はひどい目に合わせるんだろう
もうこれ以上傷つかなくていい

毎日君が悲しい目をしているのを見てたけど
必死で涙を我慢してるんだよね
僕と一緒においでよ
傷ついた心で我慢する必要はないよ

ガール、君が痛みを感じている傷はきっと癒される
君がずっと求めていた本物の愛を、僕が見せてあげる
ドアをしめて、もうこれ以上我慢しないでいいよ
そんな必要はないから
(※)
君を一人にさせるなんて、バカなやつだよね

 

I don't like the way he treats you
 That's not the way that I would do you
 What gives him the right to say
 Its you that he owns

All those nights he left you to cry
 Left you with nothing but tears in your eyes
 Girl just come with me
 'Cause this house is not a home

Girl he's over and gone
 You don't have to hurt no more
 And I'll be there for you
 To give all the love you're yearning for

And you don't have to hurt no more, baby he's over
 I'll be what you're looking for
 Let me take over
 And you don't have to hurt no more

I'll make you see
 I'll be what you're looking for and more
 So you don't have to hurt
 You don't have to hurt

No more
 How could he look into those pretty eyes
 And hurt you, oh no
 You don't have to hurt no more

Every day I see you with those sad eyes
 You try so hard to hold back from all you cries
 Just come with me
 There is no reason for your broken heart to stand

Girl you're heart will heal from all the pain you feel
 Just let me show you the real love you've been waiting for
 Just close the door, you cannot take no more
 There is no reason for

Girl he's over and gone
 You don't have to hurt no more
 And I'll be there for you
 To give all the love you're yearning for

You don't have to hurt no more, baby he's over
 I'll be what you're looking for
 Let me take over
 You don't have to hurt no more

I'll make you see
 I'll be what you're looking for and more
 So you don't have to hurt

You don't have to hurt, no more, baby he's over
 I'll be what you're looking for
 Let me take over
 You don't have to hurt no more

I'll make you see
 I'll be what you're looking for and more
 So you don't have to hurt
 You don't have to hurt, no more

He must be a fool to leave you alone
ラベル:TbT 男性r&b 歌詞
posted by Nikki at 06:25| Comment(0) | 男性R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

ザ・ウィークエンド/Earned It

ザ・ウィーケンド、いいですよね〜。
WeekendEnemy.jpg
本名エイベル・テスファイらしいですが最初はバンドかと思っていました。

トロント出身のカナダのアーチストですが、ルーツはエチオピアらしいですね。
エチオピアといえば、こちらでも紹介したアイラブマコネンのマコネンもエチオピアの名前なんだとか。
作曲も手がける多彩なアーチスト。
アリアナ・グランデとのデュエットも記憶に新しいと思います。


フィフティ・シェイズ・オブ・グレイのサントラの、ファーストシングルとして発表されたこの曲。
イントロ部分がアレっぽい、と思ったのは私だけでしょうか?

そう、ディアンジェロHow Does It Feel? あのビデオも衝撃的でしたね〜。

ザ・ウィークエンドは見た目がオーガニック・ソウルっぽいんだけど色んなテイストが織り交ざっていて型にはまらないというか。

可能性を感じさせるアーチストさんです!

対訳は一番下です♪

You make it look like it's magic
'cause I see nobody, nobody but you, you, you
I'm never confused
Hey, hey

I'm so used to being used
So I love when you call unexpected
'cause I hate when the moment's expected
So I'ma care for you, you, you
I'ma care for you, you, you, you, yeah
'cause girl you're perfect
You're always worth it
And you deserve it
The way you work it
'cause girl you earned it, yeah
Girl you earned it, yeah

You know our love would be tragic (oh yeah)
So you don't pay it, don't pay it no mind
We live with no lies
Hey, hey
And you're my favourite kind of night

So I love when you call unexpected
'cause I hate when the moment's expected
So I'ma care for you, you, you
I'ma care for you, you, you, you, yeah
'cause girl you're perfect (girl you're perfect)
You're always worth it (you're always worth it)
And you deserve it (and you deserve it)
The way you work it (the way you work it)
'cause girl you earned it (earned it, yeah)
Girl you earned it (earned it, yeah)

On that lonely night (lonely night)
You said it wouldn't be love
But we felt the rush (felt the love)
It made us believe it there was only us (only us)
Convinced we were broken inside, yeah
Inside, yeah

'cause girl you're perfect (girl you're perfect)
You're always worth it (you're always worth it)
And you deserve it (and you deserve it)
The way you work it (the way you work it)
'cause girl you earned it (girl you earned it, yeah)
Girl you earned it (you earned it, yeah)
Nana nana
So girl you're worth it
The way you work it
You deserve it
I can tell you

君がいるとまるで魔法にかかったみたいだ
だって君以外は誰も見えないんだ
僕は混乱なんてしてないさ
利用されるのに慣れてたんだ

君が電話をくれた時は嬉しかった
予期してなかったから
予期してことって嫌いなんだ
君の事、好きだよ

だって、ガール、君は完璧
君はいつもその価値がある
君はそれにふさわしい
君がそれに取り組んでる時
だってガール、
君は十分報われてるよ

僕たちの愛って悲劇なんだろうね
だから気にしないで
ウソはつきっこなしだよ
君と過ごす夜は僕のお気に入りなんだ
※繰り返し
あの、寂しい夜
「愛じゃない」って君は言った
でも情熱は感じた(愛を感じた)
まるで僕たち二人しかいないように
僕たちどこかで壊れてるんだって確信したんだ

 
ラベル:男性r&b 歌詞 新人
posted by Nikki at 00:00| Comment(0) | 男性R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。