2015年04月09日

SWV/I'm So Into You

木曜日Throw Back Thursday 懐メロ特集です。

SWVの話をしだすととまりませんよ〜。

SWV、Sister With Voices

やっぱり90年代を代表するグループではないでしょうか。
特に90年代のR&Bの流れの始発点というか、エポックメイキング的な存在。
ビジュアルが「・・・」というところが、90年代前半なんですよね。


この頃はあまりミュージックビデオとか主流ではなく、ラジオとか音楽という媒介が主流だった。
だからビジュアルはあまり重視されてなかった。
というのは、当時音楽雑誌で読んだ記事の受け売りですが(^^;)
今はビジュアル重視で、歌は二の次ですよね。
顔、胸、お尻、人工的になっちゃったアーチストばかりで食傷気味の私です。
Cokoの声、ほんと好きだわ〜。

Boy, there you go
You're telling me that you love me
But boy you know
That you belong to another girl who loves you
You are so fine, you blow my mind
With the things you do to me
Not fine, she's not fine
Things you do for me, but I know
I'm so into you
I don't know what I'm gonna do
Boy, you got me so confused
I don't know what I'm gonna do
Friends ask how could I give myself
To one who belongs to someone else
They just don't know your love's so good
That they would want it for themselves
Anyone can see, so fine, you blow my mind
With the things you do to me
Blind, she's not blind
Things you do for me, oh my God
I'm so into you
I don't know what I'm gonna do
Boy, you got me so confused
I don't know what I'm gonna do

You're not, you're not mine
You're not, you're not mine
You're not, you're not mine
You're not
What am I supposed to do
ねえ、どこ行ってたの?
愛してるって言ってたじゃない
でも、ねえ、
あなたって、あなたを愛してる誰かのものなのね
あなたって本当に素敵
ノックアウトされたわ
あなたが私にしてくれること
彼女は怒るわね
あなたが私にすること
でもわかってる
私はあなたに夢中
どうしていいかわからないの
ねえ、あなたのせいで混乱してる
どうしていいかわからないんだもの
友達は聞くわ
他人のものなのに、どうして夢中になれるのかって
あなたの愛がどれだけ素晴らしいかわかってない
あの人たちだってきっとほしがるはずよ
※繰り返し

SWVも活動を再開して、アルバムも出ているしリアリティ番組にも出演。
活動再開後の曲も好きです。

 
ラベル:90's 歌詞 TbT
posted by Nikki at 21:16| Comment(0) | 女性R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。