2015年01月16日

サム・スミスfeat.エイサップ・ロッキー/I'm Not The Only One

お待たせしました。
ついにサム・スミスの登場です。
Stay With Meなど数々のヒットを飛ばし、2014年はサム・スミスの年だったといってもいいのではないでしょうか。
本当に彼の曲は毎日1度は聴くし、国内外問わずいろんなアーチストからカバーもされていますね。
多くの人が彼の曲に涙したはず。
レディ・ガガやメアリー・J・ブリッジからツイッターで絶賛されるのなど、アーチストからの評価も高いサム・スミス。
来月には初来日公演が東京のみでですが開催されていますね。
どんなライブになるか、楽しみです。
今年はどんな活躍を見せてくれるんでしょうか?

A new disease in my town called Idiotic
Every pretty lady in my city got it, point blank
Periodically empty seats, dine at Ciprianis
Like Beyonce, they're getting by or they get embodied
So Sasha Fierce, a whole lot of tears
Rolling down her cheeks, crying till she's sound asleep
Preach, pray that today is not a lonely one
You gotta know you not the only one

You and me, we made a vow
For better or for worse
I can't believe you let me down
But the proof is in the way it hurts
For months on end I've had my doubts
Denying every tear
I wish this would be over now
But I know that I still need you here

You say I'm crazy
Cause you don't think I know what you've done
But when you call me baby
I know I'm not the only one

俺の街では「おろか」という病気が
ずばり俺の街の女性たちを襲っている
ぽつぽつと開いた席、Ciprianisで食事
ビヨンセみたいに なんとかやってる、具体的になっている
あまりにもサシャ・フィアース的、たくさん涙を流して
彼女の頬を伝う 泣きつかれて眠ってしまう
説教して祈って 今日が寂しいものじゃなかったと
君以外に他にもいる、って知っておいて
君と僕、誓いを交わした
病める時も健やかなる時も
信じられない、君は僕を裏切った
証拠だってある、苦しいよ
何カ月も僕は疑っていた
涙をごまかして
もう乗り越えていたらいいのに
でもまだ君を必要としているんだ
僕は頭がおかしい、って君は言う
だって君は考えたことない、僕が君がしたことを知ってるって
でも君が僕をベイビーと呼ぶ時
わかってるんだ
そう呼ばれてるのは僕だけじゃないって


エイサップ・ロッキーのラップはビヨンセネタですね。
浮気されてもまだ好きっていうのがホント切ないですね〜

 
posted by Nikki at 00:00| Comment(0) | POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。